「嘘の現実」センジマン-外伝-

2018年07月19日

懐かしのセンジレッド(モンハン)

─モンハンコラボが待ち遠しい、センジマンだ!
20180719-01

モンハン…沢山の良い子のみんなも遊んだことがあるだろう。おじさんも一時期ハマってたなぁ。うまくはなかったけどw

モンハンは確かWiiの奴で実況プレイ動画作ったりしてたなぁとか思い出に浸ってたら思い出したんだよね。モンハンでも随分前にセンジマンやってたわw

てことでこれが大体7年~8年前のおじさん。やってる事あんまり変わってねぇw



FF14はちょっと余裕がなくてこういう動画作れないだろうなぁw

また会おう、良い子のみんな!

netascape at 12:15|PermalinkComments(0)

2018年03月07日

「嘘の現実」センジマン-外伝-その3

─その2で「昔の方が酷かった」みたいに書いてたけど今も大概やな、センジマン!
うそげん3

「嘘の現実」センジマン-外伝-その3~嘘と現実のリフレクション
前回より随分間が空いたような気がしますが、そうでもないのかな…?


~なるべくなら誰もが聞きたくなかったり、見たくもないような…オンラインゲームに潜む「闇」みたいな物。
そこにある嘘(バーチャル)の世界に渦巻くのは現実(リアル)の気持ち。
そこに向き合い乗り越えて行く事がオンラインゲームを正しく楽しむ本質であると、私は考えています~
続きを読む

netascape at 14:27|PermalinkComments(0)

2018年02月21日

うそげん!

─「嘘の現実」って奴を可愛く略してみたかった、センジマンだ!
20180221-01

可愛いかどうかはもうこの際どうでもいいんです。

おじさんがリネージュをやっていた時、むかーしむかし書いていたブログがまだ残っていまして。
それを見返してみたわけです。続きを読む

netascape at 13:19|PermalinkComments(0)

2018年02月15日

「嘘の現実」センジマン-外伝-その2

─ブログランキングが18位になってた、ありがとう!感謝感謝のセンジマンだ!
うそげん2


オンラインゲームをあまりやらない人や、そういう設定モノが苦手な方もいたりするようですが、ワンタイムパスワードのようないわゆる「二段階認証」というのは意外と安心感が違います。

「ログインする時のIDにもうパスワードかかってんじゃん」

とか言って安心しきっている良い子のみんな!まぁほぼそうなんだけどさw

昔、こんな事があってね…
続きを読む

netascape at 08:07|PermalinkComments(0)

2018年01月29日

「嘘の現実」センジマン-外伝-その1

─何か、オンラインゲーム全般の話をしたくなった、センジマンだ!
20181029-00


これきっと、すごく長くなる(主に自分語りで)ので何回かに分ける記事になると思う。
仮に「嘘の現実」センジマン-外伝- 第1回目としておきますかw

前から他の記事にちょいちょい織り込んでオンラインゲームを無理なく続けるコツ、とかこんなイヤな気持になった時どう処理したらいいか、を持論で書かせてもらったりしてたんですが

「体験を踏まえてちゃんと書きたい」と思いまして。

実はGlayオフィシャルサイトでのあの人たちのアレの対談を前後編拝見させて頂いたのがきっかけでw

20180129-01

「うわぁ、おじさんが考えてる事とほとんど一緒だなぁ」って


「自分が言いだしたことにならないかなぁ」って思うくらいw



FF4でセシルがパラディンになる時にイベントバトル中に出て来るセリフで

「いいことより、わるいことより たいせつなものがある」

ってのがあって、何故かすごく心に残っていて、今でもず~っとその答えを探してるんですね。

その答えのひとつを見つけたような感覚を、その記事を読んで感じました。


自分の体験から思った事を書くことで少しでも良い子のみんなの何かしらの「答え」を探すきっかけになれたらいいな、という思いが結構昔からあって、記事を読んで「今の自分としてまた書きたい」って思ったんです。

切り口は「人と人との心の関係」からの視点が多く、自分の記憶の話が中心になると思うので、当てはまる人、そうでない人もいたりするだろうけど「そういう人もいるんだな」って思ったりするだけで価値観の違う他人を受け入れやすくなるんじゃないかと思います。

第1話「プロローグ」

ブランクは数年あるものの、おじさんはゲーム(基本RPG)、とりわけオンラインゲームが好きでずーっとやってたんです。

初めてプレイしたのって、もう15年前とかになるかなぁ。

子供の頃は、ドラクエ3を毎日10時間とかやってたら、親にファミコンを隠される事態が起きるほどでw

まー、学校にも行かずにやってりゃそら隠されますわw

あと、女神転生とかウィザードリィでマッピングするために方眼紙買ってきて全部MAP書いたり、懐かしいw

当時、友達とは適度に遊んではいたんだけど、甘やかされて育ったから自分の意見が通らない事と人に文句を言われるの事に耐えられなくて、外で遊ぶのもあんまり得意じゃなかったから、どこか打ち解けられなくて、徐々に疎遠になって…ゲームやファンタジー小説の世界に引き込まれていった。

ただ、体裁もすげー気にするガキだったので、同級生と居る時なんかはあんまりそういう空気は出さずにみんなと同じでメンコとかやるぜ、ジャンプ読むぜ!(ジャンプは普通に好きだったけどw)みたいに無理してたなw

前にもちょっと書いたんだけど、ドラクエ好きが講じて小学生の時に「ロールプレイングゲーム大百科」って本を買ってもらって擦り切れるまで読んで、初めて「オンラインゲーム(とあとエロゲ)という存在を知ったんですよ。
92c0fbaa85375a1a94ba7c3da7b5067d
(画像を探してみた)

その中の「ちょいネタ」記事に「アメリカには電話回線を使って人と人が戦ったり協力し合うオンラインRPGという物がある」みたいな内容で。

あの時の衝撃は今でも忘れない「いつか絶対に(エロゲも)やるぞって!」思ってた。

で、時代は進み。

「Lineage(リネージュ)」というオンラインゲームに出会ったワケです。
lineage

目的は自分で探す。大筋のストーリーはあってもメインクエストなんてほぼない。
(今は変わってるのかもしれませんが)
ある意味「今より自由」だった。

リネージュのエンドコンテンツのひとつに「ドラゴン討伐」があったんですが、何かをクリアしないと行けないわけでもなく(死にますがw)、なんなら初期村にFF14で言うSモブが入ってきてプレイヤーを焼き払ってる、とかもありましたねw

「すげー世界だな」と無闇に盛り上がった記憶がありますっ!

しばらく一人で遊んでいると、戦いもせずに好き勝手遊んでる知らん人達がいて、たどたどしいチャットで話しかけて仲良くなって、クラン(FCと同意)に入って…毎日バイト終わってインして、寝て起きてバイト行って、またインして…毎日学校とか部活で友達に会いに行くみたいな感じで楽しくて。

当時はまだ、いわゆるゲーム好きとか「オタク」はダサい、イケてないって風潮がまだ強い時代で。
まぁオタクの代名詞が「宅八郎」氏だったからなぁw


で、そういう趣味があるって何か言えなくて、鬱屈してて、元々体裁を気にするガキだったからってのもあるし、当時は音楽で生きていくとか思ってカッコつけてたから余計に周りに知られたくなかったりしてw

んでまー、そういうの気にせずアニメの話とかゲームの話が出来るオンラインゲームの世界の気楽な事ったらなかったw

言い過ぎじゃなく「自分が自分でいられるのはここだ」って思った。

多分、リネージュやってなかったら今生きてないかもしれんって位w

他にもパンヤやったり、ハンゲやったり、何かよく覚えてないけど未来SF系のオンラインゲームとか、ネクソンのオンラインゲームとか色々やってたなぁ。

そんなオンラインゲームでの色んな体験をする中でこれは

「嘘(バーチャル)(世界の)現実(の思いや気持ち)

なんだなって思うようになったんです。

今回はここまでっ。

ではまた、嘘の現実にて。

netascape at 19:16|PermalinkComments(0)