その世界、アトモスと申す今日はくりゆつ。

2018年06月02日

部屋と鞄と酒場と変身と私

─説明しよう!のエモートは未取得のセンジマンだ!
20180602-01

最近めっきりトラベリオンばっかりしてますね。昨日もカーバンクルワールドのハウジング見学イベントにこっそり参加してきました。

しかし、変身は出来るのにグリダニアに辿り着けてなかった…イベントの開始場所もリムサ。

ハウジング系のイベントだとやっぱり3都市は行けないとちょっと大変ねw


「鞄のお家見学会11」



待ち合わせの場所では、常連さんも多くて何か「よぉ元気だったか」的ないい空気感。初めて来た人にも親切にフレンドテレポを開放してくれたり。

20180602-02

庭に集合って事だったのにみんな入らずに家の前で待ってた所は突っ込んで良いのか分からなかったのでスルー。

大体5分前にはみなさんほぼ揃ってた感じで、暇を持て余してそうだったのでソーセージを渡したり変身したりしてみた。

若干ウケた。(よかった)

ほんで、そうこうしてたら「センジマンってあのヒーローっぽい日記とか書いてるあのセンジマンですか!?」と聞かれて、主催者のBeletiさんはツイッターの相互フォローはしてたけど、おじさんが思ってた以上に認識してもらえてたのか!!!ってびっくりして嬉しかったですw

この日は3軒回ると言うスケジュールで、1軒目が待ち合わせ場所の家。玄関見てもなんかツイッターで見た画像と違うなーって思いながら中へ入った。

20180602-03

玄関に見た目が違うって思ってたら家の中に更に玄関みたいなのがあったのかっ!

他の良い子のみんなが言っててなるほどなぁって思ったのが「空間の切り取り方がすごい」。Sサイズのハウスなんですよねここ。んで、入ったら通路に次ぐ通路(オシャレ)、んでさっきの玄関2に辿り着いて。

中に入るとまたそれがいい感じの隠れ家風喫茶店的な?どこからどう見てもレジなアレがあったり。

20180602-04

話してた感じだとほぼ大体の小物に照明家具が仕込んであって、部屋の照度が0でもよく見えるようにしてあるんだって。

前にテュポーンのハウジンガーのハウスを見せてもらった時も思ったんだけど、人それぞれのセンスが見えて、同じ家具でもぜんぜん違う使い方してたり。そういう所を見つけるのが楽しいんだなきっと。

2軒目も「おー」ってなる作り。アパルトメントの個室だったんだけどこれがまたおじさん向きのイイ所でw

20180602-05

ステージがありやがるw

ステージがあるという事はやることは一つしか無くて。変身しておきましたw

20180602-06

ここにもいい感じのレジ。しかしイベントの時間に組み込まれてないのに変身させてもらえるなんてカーバンクルの良い子のみんなも懐が深いw

最後の3軒目は、ラベンダーベッド。たどり着けてなかったけど丁度メインクエが3都市回るやつだったのでそれを利用して何とかグリダニアまでは行けた。居住区に行くのはさすがにエオユーニに助けてもらったんだけどw

20180602-07

3軒ともスペースを最小限に区切って一点集中型って行ったら良いのかな、一箇所を如何に丁寧に作るかって印象が伝わってきた。

設置数制限で全体を広く作ると薄味になりがちなハウジング。広く見せつつ要所を作り込むスタイルがあったり、今回みたいに「この場所」へ集中して作り込むスタイル。広く作るのも集中して作るのもまだまだ沢山他の手法や見せ方があるんだろうなぁ。

20180602-08

二次会でエオユーニの鞄宅にお邪魔してFCハウスの個室をほぼ全て使って全部の風景画(220位ある)が各地域ごとストーリーに沿う様に順番に見られる画廊という実用性も兼ね備えたハウジングって奴を目の当たりにした。ロドストの記事で見た時も驚いたんだけど実際に見るとまた違う感動が生まれる。

20180602-09

ハウジンガーってすげーなって改めて思った。

イベント開始から2時間ほどこうやってカーバンクルで楽しませてもらってたら、参加者の中に同じ日に酒場をやってるって人も居たようで、三次会そこに行こうぜという流れに当然なるよねw

人の酒場とか超興味あるし!

20180602-10

やばい、変身してる人居るwwww

この酒場、選曲もエオレンジャー酒場にちょっと似ててアレキから順になってたりして主題歌の原曲も当然流れるんだけどさ。

あの曲ダメね、もう体がいう事利かなくなる。まぁしましたよ変身を2回ほど。

酒場のマスターも初めて行ったのに気に入ってくれて、定期的に流す告知マクロにエオレンジャー酒場の告知を組み込んでくれたりして。仕事はえーって思って笑いながら見てたw


グングニルにだけ居る時もすごい楽しい。気の知れた仲間と安心して遊べるし、上を目指すにも時間を掛けて作ったキャラクターがある方がいい。ただ、その経験があれば見知らぬ世界に降り立っても割りとすぐ同じレベルで「楽しい」を見つけられる。

知らない事が一番怖い事であると同時に、一番楽しい事でもあるんだなって改めて思った。不安を楽しさに変えるのは難しいんだけどね。

ずっと感じているモヤモヤが、少し晴れた気がした。

また会おう、良い子のみんな!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
その世界、アトモスと申す今日はくりゆつ。