━規約を遵守するとダメだなぁってなるやつの救済措置きた…
20210421-01

センジマンです。

ついにFF14公式(正しくは印刷会社と提携の形)がSSフォトブックを合法で作れる様にしてくれましたよ!!



細かく(FF14のゲーム内での)規約ではどうだったかっていうのは今は割愛しておきますが簡単に言うとゲーム内で撮影した素材を使って何か実体化するのはおやめ下さい、みたいな事が規約には書かれておりますよね。(一部例外あり)

たまに「なんでダメなのかなぁ」みたいなご意見も散見しますが、下手に著作権的な物が良く分からないままの人が何かしてしまった事で揉め事等に巻き込まれないように守りたいって言うスタンスでの規約設定だなぁって捉え方をおじさんはしております。(二次創作でどうのこうの…とか)

こんなスゴイフォトブックを作る事が出来る!とかそう言うのは是非貼り付けたツイートからサイトへ飛んで色々みて頂けたらと思いますが、このフォトブックを利用する際にも「規約」があります。

ゲーム内の「それ」とまた別扱い(フォトブックを作るにあたっての規約)になりますので別途目を通して頂いたほうが良いかな。

ここでおじさんがザザーっとななめ読みした状況でひとつ重要だなぁと思う文面を。

20210421-02

この文面の中の「又はそう受け止められる可能性のあるもの」と言う表現は実はとても重要でして。

その他全ての事にも言えるんですが「自分はそんなつもりではない/なかった」って言う言い訳って社会に出ている方はお分かりかと思いますが全く通用しません。

おじさんもかつて同じ間違いをしていたので余計に思うんですがこれ系の言い訳する人って残念ながら結構な割合で実在している事もまた事実でw

なので改めて文面としてちゃんと書いてくれているスクエニ(と図書印刷株式会社)の2社の表現の「優しさ」がここで垣間見えた気がしました。

そうなんですよ。こういう事って案外「分かってるんだから言わなくても通じるだろ?子供じゃないんだから」みたいな論法でマジでわからない人には一生伝わらない可能性があるって言うヤバめな社会の暗黙の謎ルールみたいな流れがある。

いかんいかんすみません脱線してました@@

そんなわけでこの「FF14 カスタムオーダーフォトブック」が気になる方は一度公式サイトを拝見してみては如何でしょうか!!


また会おう良い子のみんな!