━前回の記事に書き切れていないアレを…
20201231-01

今日は書きますセンジマン!

素で忘れてたんですよ前回書き終わるまで録画に使っているリストって書いておきながらほぼマイクの事しか書いてない事を@@

今から言い訳をするんですが…実際にゲーム実況みたいな物を収録する準備の割合も「物理的な物」ってマイクとそれをPC等につなぐ物程度なんですよね。

もっと言うと収録自体はスマホで直撮りレベルでもいいなら深く考えないですぐに出来るしw

とは言えさすがにそういう事は分かっとるんじゃ!みたいな感じだと思いますごめんやで@@

FF14でもPS4とかPC以外のプラットフォームでプレイされている方はまた手法も変わると思いますが今回はPC版でプレイしている方向けの記事となります。

と、言うわけで今回こそどうやって録画しているのかを追記にて書いていきますね!





ってな訳で追記まで開いて頂きかたじけないです!

前回はハードウェア的なお話のみでしたが今回はソフトウェア的な話になるのではないかと予想しながら書き始めています。

改めて図にするとこんな感じなのかなぁ…

20210320-01

とてつもなくざっくりですみませんw

前回の記事が<ハードウェア領域>の主にマイクの話をしていた感じですね@@

今回は<ソフトウェア領域>の部分を書いて行きますよー!


Amazonギフト券 チャージタイプ(直接アカウントに残高追加)


<キャプチャーソフトでゲーム画面を動画で撮ろう!>

昔と違って今ってゲームの画面を録画する事のハードルが超下がってますよね。Win10なら付属のソフトを使えば撮れちゃうしw

昔って言ってもおじさんの言う昔ってもう10年とか前になるので「そりゃそうだろw」ってなるんですが…現状「ゲームしながら録画する」のは手軽な事になっています。

キャプチャー(録画)ソフトの設定で「マイクの音を同時に録音する」とかもある程度音量バランスまで調節できますし本当に簡単になったなぁって思います。

昔(まだ言うのか)ってゲームの画面とマイクの音を別で録音する手法もまだまだあってタイミング合わせる為に「せーの…はい!」とか言いながらスタートボタン押したりしてました。

今でも顔出しされている方等でデジカメ?等で自分を撮ってPCでゲームを撮るとかでしたらそういうタイミング合わせはやってるんだと思います。


GoPro HERO9 Black ゴープロ ヒーロー9 ブラック ウェアラブル アクションカメラ CHDHX-901 + マイクロ SD カード 64GB セット [並行輸入品]


パソコンのスペックにもよりますがそれも全てPC内のソフトでミックスした上で録画が出来たらとても楽ですよね?

それを可能にするのがいわゆる「ストリーミング・レコーディングソフト」等と呼ばれるソフト。

最近ですとYoutubeの生配信にも大活躍している「OBS Studio」が代表的なんですかね?

20210322-001
(この画像のイメージの様な感じで画像やウィンドウを複数配置したりフィルタを掛けたり出来ます)

赤い枠の所を収録している別のカメラと言う捉え方をすればよりイメージしやすいかなぁ。

細かい使い方等は今回は(おじさんも今はまだそこまで詳しくなくて@@)書かない事にしておきますが、また色々分かったら書いてみようと思います!




ざざーっとですが前回と今回の2回に分けて色々書かせて頂きました「録画とかどうやってしてるの?」的なお話。

実際に誰かに見てもらおうと思うとその後「編集」って言う作業も出てくるんですが、それはまた次の機会に書かせて頂こうかと思っております。

変種の話題が出たついでにひとつ申し上げますと「編集時に細かくバランスを調整したいから」わざと「全部バラバラに撮っておくタイプの人」もいらっしゃいます。

自分の音声ファイルとゲームのプレイ動画のファイルが別で(タイミングが合わせられる状態で)あれば咳払いしたところだけ消すとかも出来ます。録画時に一緒に撮ってしまうとタイミング合わせる作業は減るけどこう言う細かい事が出来ないw

バラバラに録画・録音するのと同時に収録する事ではそういう風なメリットとデメリットがあります。

自分にはどう言う手法が合うのかなぁって言う事も是非何度か失敗しながら経験を積んでもらえたら嬉しいです。

おじさんも結構たくさん失敗して学びましたので仲間を増やしたいです@@

また思い付いたら色々書きますね!


また会おう良い子のみんな!